罹患

暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、精神的・肉体的なストレス、加齢というような様々な誘因が集合すると、インスリン分泌が鈍化したり、機能が悪くなったりして2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。
エイズはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって罹患するウイルス感染症であり、免疫不全を引き起こし些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を複数併発する症候群の事を指しているのです。
基礎代謝(BM)とは人間が横臥位でじっとしていても使用する熱量のことであり、その大部分を様々な筋肉・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で占めるとのことです。
アルコール、薬、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などの物質を特殊な酵素によって分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓が果たす大事な働きの一つだと言えるでしょう。
今、若年層で感染症のひとつである結核に対抗できる免疫、すなわち抵抗力の無い人々が多くなっていることや、早合点のために診断が遅れることが主因の集団・院内感染が増えています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常が原因で現れる湿疹で、皮脂の分泌が乱れる素因として男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の崩れやV.B.コンプレックスの枯渇等が関わっているのです。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、1週間もきちんと服薬すれば、原則的に9割近くの人の自覚症状は消え去りますが、イコール食道の粘膜の炎症反応が完治したとは言い切れません。
欧米諸国では、新薬の特許が満了してから30日後、製薬市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に変更される薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は地球上で採用されているのです。
脚気(かっけ)の症状は、四肢がマヒしたり下肢の著しい浮腫みなどが典型で、症状が進行してしまうと、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全などを起こす可能性があるそうです。
我が国における結核への対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に沿って促進されてきましたが、平成19年から異なる感染症と等しく「感染症予防法」に準拠して行われることになったのです。
耳の内部構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別することができますが、この中耳の近くにばい菌やウィルスなどが付き、炎症が発生したり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼んでいます。
内臓脂肪症候群であるとは診断されていなくても、内臓脂肪が多めに蓄積してしまう特性のよくない体重過多になってしまうことにより、深刻な生活習慣病を引き起こしやすくなります。
「とにかく忙しい」「わずらわしい人との付き合いが嫌でしょうがない」「技術やインフォメーションの高度な進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう場面はみんな異なります。
不整脈である期外収縮の場合、健康体にも症状が見られることがあるのでさほど珍しいトラブルとはいえませんが、発作が数回に渡って次々と出るケースは危ないのですぐ病院へ行きましょう。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の極めて強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが存在します。